LOG IN

今までにないもの

by Yuki Hattori

 久しぶりにブログを書いている。そういう気にさせてくれたのはやっぱりg.o.a.tで、なんと縦書きに対応した。横書きのwebの世界にどっぷり浸かった体には、この体験はめちゃくちゃ新しい。webも「ウェブ」って書きたくなる。

 縦に文章を書く。たったそれだけのことでテンションが変わる。小学校の時の作文を思い出しながら、段落の頭はひとつあけて、とかやっていると、宿題の作文を頑張って書いていた頃の記憶が甦る。

 日本語はもともと縦に並べるようにデザインされていて、縦書きのほうが読みやすいだけでなく、美しい。それでも今や日常の中で見るほとんどの文章は横書きで、ブログやネットの記事はもちろん、スマホを使った日々のコミュニケーションも、打ち合わせのときのメモさえも横向きに書く。いつの間にか新聞も読まなくなった今、縦書きの文章をみるのは本か雑誌ぐらいかもしれない。

 新しいもの、今までにないものを作るというのは、どういう感覚なんだろう。僕のような凡人はウェブの世界に横書きしかないことを特別意識したことはなかったし、それを変えたいという発想がそもそもない。少し乱暴な言い方をすれば、別にどっちでもいいと思っていた。でも、g.o.a.tはそれを変えた。これは紛れもなく今までにないものだし、新しい。

 ニュースもブログもサクッと読めるインスタントなものが主流で、アマゾンも当日に届くようなせわしない時代に、あえて文章を美しく見せる、そして「書く」ことにどこまでもこだわる。まぁ普通に考えて面白いよね。

「あー、縦書き面白いわぁ」ってまんまとハマって、気がつけば夜中。新しいものに触れるのはいつだって楽しい。数年後には当たり前になっているかもしれないこの一歩目を、まずは存分に楽しんでみよう。

OTHER SNAPS